2008年 11月 01日 ( 1 )
たいせつなかぞく

こんばんは
今日は、東京で木枯らし1号が吹きました。
いよいよ季節は、冬に突入。
どうりで冷え込むはずよね。


今日は、2ヶ月前から予約していたあそこにメルシーとGO!
AM8:15出発です。
b0140342_20592126.jpg

まま)到着しました!
メル)・・・・ここは・・・この前にぃにのお薬もらったとこですか?
    ・・・・あたち、降りたくないです。


そうです。ピンときた方!当りです♪
そう、メルシーの避妊手術にやってきました。
朝から、水もご飯も駄目で空腹のメルちゃん。
お腹空いたよね~。のども渇いたよね~。ごめんよ。(-_-;)

b0140342_20593069.jpg

なにとはわからないけど少しおびえている感じ・・・
だんだん待合室のベンチの下に入り込んでしまう

もちろん、名前を呼ばれて入った診察台の上で
大量のビビリしょん~(恥ずかしい)。

今日の診察で、7.2kgありました。
あとどれくらいでっかくなるのかなぁ・・・これもちと不安。


b0140342_20594553.jpg

手術前の血液検査の結果待ち
待合室のベンチの上で。
何度床に降ろしてもベンチの上に飛び乗って伏せてしまう。
右足の血管確保の紫の包帯が なんか痛々しい。(;_:)




AM9:45検査結果OKで手術へ。
ここの病院は、女の子の避妊手術も基本的に日帰りということで
PM5:00過ぎにお迎えに来てくださいとのこと。
なぜか、後ろ髪ひかれる思いでメルを預けて病院を後に。




手術も無事完了して、メルシー帰路へ。

ひとつお迎えに行って出てきたメルシーを見た時に安堵したこと。
エリザベスカラーをつけていなかった!
てっきり、カラーをつけて抜糸の日まで過ごすとばかり思っていたのだけど
包帯みたいな伸縮ネット♪
これを着て出てきた。
ホッとしたのと、ちょっとその風変わりな様に笑えた。^^;

車の中でもじっと座って固まったまま・・・
うなだれてるようでなんだか胸が痛んだ。
本人、いやメルシー自身、何が自分の体に起こったのかわからないで
呆然としてる様子・・・もちろんだるさや痛さを感じてるのだろうけど。
日が暮れて真っ暗になった道を大急ぎで車を走らせる。



自宅に到着して玄関を入った途端
大量のチッコをトイレシートへ。
きっと朝預けてから、麻酔から覚めた後も我慢してたみたい。
でも、一安心。



・・・・と、思いきや
リビングの真ん中で固まったまま動けず
ソファーにも登りたいが上れず

パパにソファーへと抱っこで上げてもらった。
b0140342_20595917.jpg

そこからずっと小さな寝息をたてて眠っている。
初めは、目を開いたままうつらうつらだったのが
だんだん眉間にしわを寄せてるような寝顔。
きっと麻酔の影響かしんどいのか・・・大丈夫かな・・・不安。

マハロがご飯を食べようが、我々人間が食事をしようが、
お菓子の袋を開ける音がしようが、
全然、横になったまま・・・・・

うそみたい・・・・・あの食いしん坊娘が。
ご飯も食べない・・・
(病院では、術後で体調も悪いだろうから
食べたくないようだったら今夜は食べさせなくても良いですよ
~と言われてたのでその通りだと納得)


でも、この姿。
私は、
お歳暮にもらう網のかかったボンレスハムをイメージしてしまいました。
ねぇね2号は、帰宅後メルを見て

「よくそんな大きいネットがあるのね~?笑」とのたもうた。

・・・・確かに!笑

いや、笑ってる場合ではないのだけど。(ちと反省)

でもさ・・・・初めて着るお洋服がこれって かなりおしゃれ??
素敵なあみあみのお洋服・・・不憫なメルシー。ごめんよ~!


b0140342_2103884.jpg

マハロ)ぼくは、ゆっくりガムが食べれるからうれしいよ


b0140342_2105475.jpg

3時間ほど眠って、さっきと寝ていた位置が変わってる。




この後、大量の吐き戻し。
帰宅後、水もご飯も飲まず食わずだったので見事に胃液。
いきなり前触れもなく噴水のように吐いちゃった、、、
吐いたメルシーもなんだかびっくりしたのか
でも、横になったまま動けず。
ソファー、胃液の海!(泣)・・・ま、しゃあないか(あきらめ)


んーーー、今夜はこのままリビングで一緒に寝てやらないとかな・・・

明日、メルシーがご飯食べれるようになってると良いんだけど・・・・

b0140342_211194.jpg

マハロ) うん。なんかいつもとちがうからしんぱいだね。


マハロもなんとなくメルのそばに寄り、くんくんしてみたり、
様子が違うことを感じてるみたい。


ほんの数ヶ月一緒に暮らしただけなのに
メルの居なかった半日と帰宅後の様子に
家族として大きな存在になってることを痛感しました。


連休でずっとそばに居てやれそうだから良かった。

このまま何も無ければ、来週末には抜糸が出来るはずです。  

   
[PR]
by lopi-lopi | 2008-11-01 22:16 | メルシーのこと